本文へスキップ

フォレストは、相続税の払いすぎチェックと取り戻しのための専門サイトです。

電話でのお問い合わせは06-6360-6109

〒530-0047 大阪市北区西天満4-11-22-901
ウィン綜合法律事務所内相続税還付支援サイト「フォレスト」

相続税が取り戻せるかもしれない場合とは?company



土地を相続している場合
相続税還付が認められる主な場合は、土地の評価の見直しによるものです。相続税に精通している税理士でないと、正確な土地の価値の判断は困難です。したがって、相続財産の中に土地の割合が多い方ほど、相続税還付を受けられる可能性が高いと言えます。

どんな土地を相続している場合に還付可能性が高い?
 基本的に不動産の評価が低くなれば、相続税を納めすぎたことになります。
 したがって、土地に評価を下げる要素があれば相続税還付の可能性は高くなると言えます。

 
注意 
例えば、 
      @建物の建築・再築が困難であり通常の使い方ができない可能性がある土地、
     A近隣と比較して広い土地、
     B土壌汚染がある土地、
     C日光が全く当たらないか、わずかしか当たらない土地、
     D高低差があったり、いびつな形をしている土地、
     E道路に面していない、面しているのが私道しかない土地、
     F土地の一部が私道や通路にされてしまっている土地、
     G住環境が悪い土地(騒音・悪臭がひどい、空中に高圧線が通っているなど)、
     Hその他(空き地・農地・広い青空駐車場、2階建て以下のアパート・お店の敷地など)

 が考えられます。

  一つでも、当てはまるものがあれば、相続税還付のためのチェックを受ける意味はあると思われます。

 


 
それ以外の場合はどうですか?
 各種特例措置の適用洩れや、敷金の計上忘れ、借地権割合の失念、回収不能の会社への貸付、単純な記入ミスなど、様々な場合が考えられます。
 当サイトでは、相続税を取り戻して初めて、報酬が発生することになっておりますので、安心してご相談、ご依頼頂けます。
→アクセス
TEL. 06-6360-6109
FAX. 06-6360-6120
注目
結局還付可能性が高いのは?
@相続税申告期限(相続後10ヶ月)から5年以内。
A相続財産の中に
土地があった。
Bその土地に
特殊事情がある(かもしれない)。





重要

当サイトのメリット

弁護士と税理士のコラボ
 弁護士は法的交渉・訴訟のスペシャリストですが、税務に関してはそうではありません。また、税理士は、税務のプロですが、財務省・国税庁の監督を受けますし、単独で税務訴訟を争うことは出来ません。また、相続税還付の相手は税務署(国税庁)となりますから、自分を監督する官庁相手では税理士は存分にその力を発揮できない可能性があります。この点、弁護士は、税務にはあまり強くない場合もありますが、法的交渉のプロですから、誰が相手であろうと存分に交渉することが可能です。交渉が決裂した場合に不服であれば、事案によりますが訴訟提起も可能です。
当サイトのメリット
 当サイトでは、上記のように、弁護士が税理士の交渉能力・訴訟能力を補い、税理士が弁護士の税務知識を補う、というように両者が協力し合うことにより、お互いの長所を生かし、依頼者の利益のために最大の効果を発揮できることが出来るシステムとなっています。相続税還付のサイトにも様々ありますが、税理士だけのサイト、税理士がいるかどうか分からないサイトよりも格段に信頼して頂けるものと自負しております。